株式会社Plasma(東京都目黒区、代表取締役 遠野宏季)は、AIx憲法の第一人者である慶應大学の山本龍彦教授と行った「Exographの問題点」に関する対談内容を発表しました。
株式会社Plasma(東京都目黒区、代表取締役 遠野宏季)は、AIx憲法の第一人者である慶應大学の山本龍彦教授と行った「Exographの問題点」に関する対談内容を発表しました。

以下のような内容で、情報銀行からフェミニズムまで幅広く語って頂きました。

  • 社会実験Exographの問題点
  • 憲法上・人権上の観点からの問題
  • 同意の有効性の問題
  • データの利活用に関する問題
  • ユーザーフレンドリーな同意の取り方について
  • Exographとプロテスタンティズムの倫理
  • Exographと現代の労働観のどちらが臓器売買的か
  • Exographと「人間の条件」
  • Exographとフェミニズム

「22世紀の臓器売買」
また今回のExographの取り組みに当初寄せられた「臓器売買」や「新手の貧困ビジネス」という意見や倫理的な考察を踏まえ、現代の労働観や生き方の在り方を問う展示を以下のような日程で行います。
この展示では、被験者4名の1ヶ月の私生活が記録されているハードディスクの中身を全て公開し、入札型のオークションを行なうことで「データとモノの価値の在り方」を来場者に問いかける企画も行います。

展示会詳細

 

  • タイトル:22世紀の臓器売買
  • 会期:2020年1月31日 (金) 〜 2月5日 (水) <会期中無休・入場無料>
  • 時間:11:00 〜 21:00 <2月2日 (日) 〜20:00、2月5日 (水) 〜18:00>
  • 場所:表参道ROCKET 東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ同潤館3F
  • 入札型オークション:期間中会場にてどなたでも入札可能です

社会実験Exographについて
社会実験Exographは生活費月20万円支給の代わりに被験者宅へカメラを設置し、プライベート情報の収集と そのマネタイズ方法を模索する実験です。

今後のExographの結果報告について
実験報告書を1/31までに公表する予定です。

慶応大学 山本龍彦教授のご略歴

  • 1976年7月24日東京生まれ。
  • 慶應義塾大学大学院法務研究科(法科大学院)教授、慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート(KGRI) 副所長。博士(法学)。専門は憲法学。
  • 司法試験考査委員、ワシントン大学ロースクール客員教授、内閣府消費者委員会専門委員、経済産業省・公正取引委員会・総務省「デジタルプラットフォームを巡る取引環境整備に関する検討会」委員などを歴任。
  • 現在、総務省・経済産業省「情報信託機能の認定スキームの在り方に関する検討会」(情報銀行検討会)委員、総務省「AIネットワーク社会推進会議(AIガバナンス検討会)」構成員、一般社団法人ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会理事などを務める。
  • 主な著書に、『憲法学のゆくえ』(日本評論社、2016年〔共編著〕)、『プライバシーの権利を考える』(信山社、2017年)、『おそろしいビッグデータ』(朝日新聞出版社、2017年)、『AIと憲法』(日本経済新聞出版社〔編者〕、2018年)などがある。

Plasmaについて

Plasmaは「科学技術で社会をもっと前へ進め、人類の幸福に資する」をビジョンとして、AI/IoTなど種々の先端技術を取り入れることで社会や顧客の課題を解決し、価値提供を行います。Exographではデータ駆動型社会(データ資本主義、データ経済)の可能性と課題をあぶり出す取り組みを行っている。
– 会社名:株式会社Plasma
– 所在地:東京都目黒区目黒2-11-3
– 設立日:2019年11月1日
– 代表取締役:遠野宏季
– URL: ​https://www.plasma.inc

PRTIMES
prtimes@example.com