日本FP協会(所在地 東京都港区、理事長 白根壽晴)は、進学を考える高校生や在学中の大学生・専門学校生、保護者、学校関係者を対象とした小冊子『進学にかかるお金と奨学金の話』を発行しています。この度、2020年度から始まる高等教育の修学支援新制度など最新情報を盛り込んだ改訂版を発行しました。

 

 

奨学金を利用して学生生活を送る大学生は3人に1人といわれています。一方で、長期にわたる奨学金の返還が卒業後の家計へ及ぼす影響も大きく、奨学金制度の正しい理解と返還プランの検討が重要性を増しています。

本冊子では、大学進学に必要なお金や奨学金制度の概要、返還方法についてコンパクトに解説しており、卒業後の収入が不安定なケースや返還負担が重いケースでも無理なく返還するための方法と返還額のシミュレーションなどを紹介しています。

今回は新たに開始される修学支援新制度(入学金・授業料減免と合わせて、給付型奨学金で学生を支援する仕組み)の解説を追加するとともに、奨学金制度の最新情報を掲載し、より充実した1冊となりました。

進学にかかる費用から卒業後の奨学金返還に至る資金計画など、将来のライフプランに関わる内容となっています。授業や保護者会などでのご活用はもちろんのこと、ご家庭で教育資金プランを検討する際にもご利用いただけます。

冊子の詳細はプレスリリースをご覧ください。

 

本冊子の活用を希望される学校には無償提供しています。

なお、学校関係者以外の方がセミナーなどで使用される場合、50部1,100円(税込・送料別)で販売します。

 

内容は以下のURLよりご参照ください。全ページをご覧いただけます(印刷不可)。

https://www.jafp.or.jp/personal_finance/high/shougakukin/

 

※パーソナルファイナンス教育とは、人生の夢の実現をお金の面から考えていけるよう、一人ひとりの生き方にあったお金の知識や活用方法を身に付けるための教育のことです。本冊子は、パーソナルファイナンス教育普及活動の一環として、主に高等学校・大学などでの使用を目的に制作しています。

 

日本FP協会は、社会教育活動としてファイナンシャル・プランニングの普及とパーソナルファイナンス教育を推進し、社会全体の利益の増進に寄与することを目的としたNPO法人です。また、パーソナルファイナンス教育の担い手となる高い能力と高い倫理観をもったファイナンシャル・プランナー(CFP・AFP認定者)を養成しています。

共同通信PRワイヤー
prwire@example.com