東京・沖縄を中心に屋上テラス付き分譲戸建住宅の販売を行っている株式会社アイム・ユニバース(所在地:東京都杉並区、代表取締役:藍川 眞樹)では、2020年4月以降、新型コロナウイルス感染症拡大前の1年前と比較して2020年4月から2021年3月では購入のお問い合わせ・お申込みが共に倍増しています。

テレワークの普及により、駅近の狭小物件から、郊外で環境の良い戸建て物件へとニーズがシフトしていることに加え、外出自粛の中でも『おうちキャンプ』等を楽しむ事ができて安心してリフレッシュできる点などが、『屋上テラス付き住宅』へお問い合わせ・お申込みが倍増している要因だと考えられます。

『屋上テラス付き住宅』イメージ

【庭を持つことが難しい首都圏で『屋上テラス付き住宅』の需要が急増】

・緊急事態宣言前・・・お問い合わせ件数 約60件/月、お申込み件数約10件/月

・緊急事態宣言後・・・お問い合わせ件数 約115件/月、お申込み件数約20件/月

上記のように、2020年4月7日に発令された緊急事態宣言前後で、当社の『屋上テラス付き住宅』へのお問い合わせ・お申込み共に件数が倍増しております。

お客様へのアンケートでも、政府や都から出された外出自粛の呼びかけの中でリフレッシュできる当社戸建住宅「バシレイオン」シリーズの屋上テラスにて、休日に家族でBBQを行ったり、ブームであるキャンプを気軽に自宅で行ったりする「おうちキャンプ」に活用しているというご意見が多く寄せられております。

【テレワーク普及で新築マンションから新築戸建へニーズの変化】

2020年における首都圏新築戸建住宅の成約件数は6,334件(前年比7.9%増)と、2年連続で前年を上回り、6,000件 台となっています。

(参照:公益財団法人東日本不動産流通機構 http://www.reins.or.jp/pdf/trend/sf/sf_2020.pdf )

背景として、コロナ禍におけるリモートワークの推進により、市場のニーズが職場までのアクセスがよい新築マンションから、広さや部屋数を重視した郊外の戸建てへシフトしていることや、自宅にいる時間の増加から集団住宅での騒音、共有エリアでの三密を避けたいといった要因が挙げられます。

【屋上テラス付きのリゾート邸宅「バシレイオン」詳細】

仕事や子育て、家事などの慌ただしい日常を長い時間過ごすための自宅から、リゾート地で過ごすような極上の時間『リゾートタイム』を過ごせる場所に変えたいというコンセプトを元に、東京・埼玉・千葉・神奈川・沖縄で戸建て住宅『バシレイオン』シリーズを展開しています。

ほぼ全棟にプランニングしている屋上テラスにはBBQコンロや屋外用ソファセット、水道設備を完備。家具付き屋上テラスの販売実績棟数は当社が全国1位(屋上家具メーカーPASIO調べ)となっています。

また浴室には、ストレスの軽減やリフレッシュ、健康促進にも有効なミストサウナやバスタイムを楽しくする浴室テレビも標準装備しているほか、制震装置、ALCの外壁材なども採用した、安心・安全の伴ったリゾート邸宅仕様となっています。

【今後の展開】

リモートワークを始めとした新しい生活様式は今後も続いていき、自宅で過ごす時間や、これまで単に休息のために過ごしていた「おうち時間」に対する価値観の変化がすすんでいくことが予測されます。

当社ではこれまでの「建売住宅」という概念を上回る、自宅で過ごす時間の楽しみ方や安全性を付加価値として提供していきます。次期である第18期には年間300棟、第20期には年間500棟を目指し、木造住宅の需要が高まっている沖縄での分譲住宅『バシレイオン琉球』についても拡大の見込みです。

本件に関するより詳しい内容をご希望でしたら、当社ではマスコミの方の取材お申し込みを随時受け付けておりますので、是非お問い合わせください。

【会社概要】

名称 : 株式会社アイム・ユニバース

所在地: 〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-11-17 荻窪有川ビル4・5階

URL  : https://aim-universe.co.jp

@Press
atpress@example.com