障がいや病気、家庭状況などの理由よってソト遊びの機会をなくしている
子ども達をアウトドア体験を通じてサポートしている団体が対象

アウトドア・フットウェアブランド「KEEN(キーン)」を展開するキーン・ジャパン合同会社(本社:東京都港区、ジェネラルマネージャー・日本法人代表:竹田 尚志)は、すべての子ども達に『ソト』の楽しさを感じてほしいと考え、5月5日<こどもの日>にキッズサポートを目的とする助成金プログラム<KEEN EFFECT KIDS GRANTS(キーン エフェクト キッズ グランツ)>の募集を開始。障がいや病気、家庭状況などの理由よってソト遊びの機会をなくしている子ども達を、アウトドア体験を通じてサポートしている団体が対象となります。

KEEN EFFECT KIDS GRANTSの募集を開始

▼さまざまな理由から、子ども達が自然から切り離されている

<自然の中で遊ぶ 2.3%、空き地や路地で遊ぶ 4.7%>この数字は、今10歳の子ども達が放課後の時間をどんな場所で過ごしているのかを、厚生労働省が調べた結果(*)です。習い事などで忙しいことなどさまざまな背景があるとされていますが、子どもの7人に1人が貧困と言われる家庭の経済状況の他、障がいや病気があることが一歩踏み出す機会を奪っている等、調査には出てこない背景も影響しているのではと推測します。

*出典:第9回21世紀出生児縦断調査(平成22年出生児概況)2019年5月調査

▼自然との時間が、子ども達にとって大切な理由

生物学者レイチェル・カーソンは、名著「センス・オブ・ワンダー」で、すべての子どもが生まれながらに持っている「神秘さや不思議さに目を見張る感性」は、自然の中でこそ育まれると説きました。遊び盛りの子どもたちは、ソト遊びによって、自分の体と感覚をフルに使い、心を解放していきます。心が解放された状態で遊ぶことで感性や創造力が育ち、走ったり飛んだりと体を動かすことで心肺と身体能力が鍛えられます。友達とぶつかり合ったり、一緒に困難を克服する経験から、他者とのコミュニケーションを学びます。今回の助成金プログラムを通じ、自然の中に自分の足で踏み出し、自らが育つ力を全開にして、いろいろな楽しさや喜びや試練から、生きる力を学んでいく子ども達を支えていきたいと考えています。

<KEEN EFFECT KIDS GRANTS 募集要項>

■募集期間:2021年5月5日(水)~6月15日(火)

■助成金額:50万円~100万円/1団体(最大3団体を助成予定)

■応募条件:障がいや病気、家庭状況などの理由よってソト遊びの機会をなくしている子ども達を、アウトドア体験を通じてサポートする団体であること

・詳細はキーンブログ  : https://www.keenfootwear.com/ja-jp/blog-article-137862164.html

・お申し込みフォーム  : https://forms.gle/oni7NC9VHYDADQXy5

・KEEN EFFECT詳細ページ: https://www.keenfootwear.com/ja-jp/the-keen-effect/

KEENは米国オレゴン州ポートランドを本拠とする、社会貢献を経営の礎とする家族経営のアウトドア・フットウェアブランドです。出自や性別、世代を超えて「誰もがいつでもソトを楽しめ、やりたいことを実現できる世界」を目指し、より良い暮らしとソトの冒険へいざなう、オリジナルかつ汎用性あるフットウェアを提案しています。2003年の創業と共に発表した水陸両用サンダル『NEWPORT』はフットウェア業界に革命を起こしました。その機能性・快適性・デザイン性を業界最高水準でアップデートし続ける革新的な製品は、有害物質の排除やリサイクル素材の採用など、環境負荷の低減を推進する<Detox the Planet>のもと製造しています。また、環境保護、気候正義、そして災害支援、ジェンダー平等など社会正義への取り組みを「キーン・エフェクト」と呼び、この活動の推進にコミットしています。

@Press
atpress@example.com