”スポーツとスタートアップビジネスによるイノベーション創出の場づくり”を目的に、中部経済産業局が主催となって、11月5日(火)に名古屋にて開催された『B.LEAGUE×Startup Pitch』に、弊社スポヲタ株式会社より前田がピッチ登壇させて頂きました。

優秀賞『豊通ファイティング・イーグルス名古屋賞』を受賞

 愛知県内に拠点を置くB.LEAGUEの4クラブと、様々な領域のスタートアップ企業11社が参加したピッチイベント『B.LEAGUE×Startup Pitch』にて、スポーツテックのスタートアップ企業として、弊社取扱サービス『Play Live』を紹介させて頂きました。
 各クラブが持つ課題やビジョンに対して、各社サービスを紹介、提案を行い、最終的には各クラブが優秀賞を1社選定される中、弊社サービスが『豊通ファイティング・イーグルス名古屋賞』に選出頂きました。

NBAでも注目を集める『Play Live』提供価値

  • 来場者「試合以外に楽しめる新しいエンタメ」
  • スポンサー「来場者と繋がれる新しアクティベーション」

 アプリなどのダウンロードが不要で、手軽にアクセス可能かつシンプルな操作方法のため「来場者が単純に楽しめるなと感じた」と評価を頂いた『Play Live』は、現在NBAでも大きな注目を集めており、先月さいたまスーパーアリーナにて開催された『NBA Japan Games 2019 Presented by Rakuten』でも導入されました。

 試合開始前やハーフタイムなど、観戦の隙間時間を埋めるイベントとして導入されており、誰でも手軽に参加することが出来る”シンプルさ”と、大型ビジョン連動による”会場の一体感作り”が評判を集めています。

 

 また、ゲーム内のバーチャルアリーナにはスポンサー企業のロゴなどがデザイン可能となっており、クラブにとっては”新たなスポンサー広告枠”としても期待されており、試合会場に設営されるスポンサーブースでも多くの来場者を集める要素として活用されています。

 来場者にとっては「試合以外に楽しめる新しいエンタメコンテンツ」として、クラブを支えるスポンサー企業にとっては「来場者と繋がれる新しいアクティベーションツール」として、価値提供を行えるサービスとなっています。

日米両国でのサービス拡大に向けて

 NBAでは『NBA Japan Games 2019 Presented by Rakuten』を機に、多くのクラブが『Play Live』導入を行なっており、日本国内でも今回のピッチイベントを機に、サービス拡大を目指して参ります。

【掲載内容に関するお問い合わせ】
スポヲタ株式会社
 https://www.sportajapan.com/
前田 貴史
 tmaeda@sportajapan.com

—————————————
『B.LEAGUE×Startup Pitch』参加企業
 ▼B.LEAGUE(4クラブ)
  ・シーホース三河
  ・名古屋ダイヤモンド・ドルフィンズ
  ・三遠ネオフェニックス
  ・豊通ファイティング・イーグルス名古屋

 ▼提案企業(11社)
  ・株式会社スタメン
  ・スポヲタ株式会社
  ・株式会社KNOWCH
  ・2501株式会社
  ・株式会社トライエッティング
  ・H2L株式会社
  ・株式会社GINKAN
  ・株式会社ユーフォリア
  ・FunLife株式会社
  ・株式会社Sonoligo
  ・エンゲート株式会社

主催
 中部経済産業局、中部ニュービジネス協議会(共催)

日時
 令和元年11月5日(火)14:00~17:00

会場
 あずさ監査法人名古屋事務所

PRTIMES
prtimes@example.com